【海外生活】日常の買い物 品質はこんなだよ。

カートにヨーグルトを並べる 生活

モロッコに旅行に来て、お土産をスーパーで買おうと考える人は多いようです。
でも、そんなに品質は良くないんだよなーと私は思います。
何となく撮っていた写真がたまったので、見てください。今回はそれだけの内容で~す。

エラーの数々をご覧あれ!

包装された飴の大きさのばらつきに注目。一番右が正常サイズ。
内容量はグラムで表示してあるから買った人が損するわけではないけれど、実際小さかったら悲しい。

今度は逆にラッキー。1個以上入ってる!ちなみにカシス味。

ゴミ箱から出そうとすると破れるゴミ袋。

引っ張ることは禁物。よってぎゅうぎゅうにごみを入れてはいけない。
口を絞って閉めるための紐が付いてるけれど、そんなものより袋自体の品質を良くしてもらいたいものだ。

ゴミ箱より若干大き目サイズを買うと破れにくい。

個包装されたマドレーヌが8個ぐらい入っている商品。

おわかりいただけるだろうか。外袋の封と個包装の袋が重なってくっついてしまっているのだ。

外袋をハサミで開封すると、同時に個包装も1個開封されてしまう。2回経験済。

サラダ油のボトルの開閉部分のパーツ。正常ならワンタッチで蓋を開閉できるはず。

でも根こそぎ外れる。

もとに戻すのが毎回手間!

実はヨーグルトがいつもより多く入っている。
悲しいことに逆パターンもある。頻繁って言うほどではないけど。

大企業ダノンの商品でさえ、「なんか少ないなっ」てことはあった。
モロッコの工場の設備がダメなのか、それとも操作する人間がだめなのか…。

白髪染めに付属している手袋。片方だけしか入っていないどころか、袋状にもなっていない。
手形のビニールがぴらっと1枚入っている状態。なんだこれ?少なくとも3回連続これ。

これはモロッコ製ではなく輸入製品。1度にたくさん作っていろんな国で売ってるのなら直るまでには時間がかかるのかもしれない。

以前から買ってたピザ用チーズの袋に
ある時期からデカデカと「nouveau sachet refermable」と印刷されるようになった。

翻訳すると「new!再封可能な袋」って意味です。

切り取り線から切ったけれど、何もない。
「切るところ間違えたのか?どうゆうこと?」戸惑ってしまった私はまだまだ甘ちゃんだ。

なんでか知らないけど、ファスナーがついていない~。それだけの話。

何回か買ってファスナー付きが見つかった。
ファスナー付きが出たら「当たり」と思うことにしよう。

ファスナー仕様になってもう何カ月もたつけど未だにこんな感じ。直すつもりないのかな。

いつもは白いキャップの牛乳。ある日緑色のキャップになっていた。
私の想像では白キャップが不足したから流用したんじゃないかと思う。

形が同じフルーツジュースのパックのキャップが緑だということは在住日本人にはばれているのだよ、ふふふ。

真相は不明ですが「完璧じゃなくてもいいじゃない!」「色が違って問題ある?」って言われているような気がしました。モロッコっぽくて私は好きです。
ちなみに、翌週には白キャップに戻っていました。

まとめ

こちらで生活していると日本の製品って本当にしっかりしているなーとつくづく実感します。

モロッコで買い物する時、夫は開封して中身を確認することがよくあります。結婚当初はそこまでしなくても良くない?と思っていましたが、今では理解できます。不良品、粗悪品が多すぎ。

タイトルとURLをコピーしました