モロッコっぽい映画 アズールとアスマール

映画・音楽・エンタメ

モロッコっぽい映画、モロッコを感じる映画ってある?と聞かれたら、私なら「アズールとアスマール」をあげます。

私はこの映画が好きで何度も見ています。久しぶりにDVDをみたので語って見たくなりました笑。

モロッコっぽさ

だんなさん
だんなさん

モロッコ人の私が見て、これは

モロッコだ!と思いましたよ。

この作品は、中世イスラム世界が舞台で、北アフリカのマグレブ地方(モロッコ・チュニジア・アルジェリア)がモデルとなっています。決してモロッコだけがモデルというわけではありませんが、こんな景色モロッコで見たなぁというシーンがたくさん出てきます。

モロッコ関連の映画は探せば無いわけではありません。しかしモロッコがあまり登場せず、がっかりする映画が多いです。そんな中、この作品はモロッコっぽさをたくさんたくさん感じることができます。

作品中でモロッコのそっくりさんを見つけました。 

そっくりさんを見つけた!

【映画の中】これはシャムスサバ姫の宮殿の門です。

【現実】そしてこちらはマラケシュにあるアグノウ門です。

【現実】場所は忘れましたが扉がそっくりです。

【現実】上の写真を遠くから撮影したもの

【映画の中】これはモスクです。モロッコにはこんなモスクがたくさんあります。

【現実】これはマラケシュにあるクトゥビアモスクのミナレット。
世界遺産にもなっている有名な建物です。
映画と比べるとちょっと立派過ぎかもしれません。

【映画の中】シャムスサバ姫の宮殿内部。
白と黒だけなのが素敵。

【現実】ここはマラケシュのroyal mansourという高級ホテルじゃないかなー?と思います。
お高いホテルのため宿泊したことがないのでわかりませんが、何かの記事で見た記憶があります。写真はフリー素材サイトから見つけました笑。
マラケシュで撮影したことはたしかです。

映画で白黒の宮殿内部を見た時、すぐにここが思い浮かびました。

【映画の中】男性が着る白いコートに注目。selhamセルハムと呼ばれるケープの一種です。

【現実】ちょっと古い写真です。
海外に国王が行った時に同行した役人らしき人がセルハムを着ています。
このようにジュラバの上から羽織るのが正しい着方です。

【現実】こちらの男性が着ているものは、コートではなく被って着るスタイルのジュラバだと思うのですが、こっちの方が雰囲気がありますね。

【映画の中】目を閉じたアズールがクラプーを肩車して町を歩くシーンで出てきます。染物屋さんの町です。

【現実】モロッコの染物屋さんの風景。
こちらの写真もフリー素材サイトから見つけたので場所は定かではありませんが、モロッコ国内のどこかです。
マラケシュでもこんな風景を見たことがあります。

モロッコで見かける風景

【映画の中】北アフリカの音楽「グナワ」の楽隊のようです。
観光地のカフェで休んでいるとこんな楽隊が突然やってくることがありますよ。

【映画の中】モロッコ土産でお馴染みバブーシュ。
尖ったつま先が地元民っぽいです。

【映画の中】モロッコでは今でもこのような水道を見つけることができます。

作品の詳細など

作品については、多くの人がすでに語っており、公式サイトも存在するのでそちらを見ていただくのが一番手っ取り早く正確です。公式サイトはこちら

ぼかいか
ぼかいか

手抜き!?

個人的な感想など 

映画では青い目のアズールがフランス語、黒い目のアスマールがアラビア語を話します。この映画の仕掛けのひとつとして挙げられているのですが、アラビア語の会話の部分はあえて翻訳されません。言葉の通じない異国での体験を擬似的に観客に味わわせるというのが監督の狙いです。

この映画の主題は異なる人種・文化・言語等間の対立の問題、そして融和への問いかけといったところにあると思われます。これは現代社会が抱える大きな問題です。

この映画は美しいアニメーションと冒険の物語を通して、この問題について誰にでもわかりやすく、重苦しくなく考えさせてくれます。
今でもある程度評価されていますが、もっともっと評価されていいと私は思うのです。

ストーリーは冒険の物語ですが、割と淡々と進みます。日本のアニメだったらハラハラドキドキさせ、盛り上げる場面かなというところもあっさり解決、どんどん話は進みます。

このあたりが人気がいまいちな原因のような気がしますが、そういった単なる娯楽映画ではないということです。
でも、私は十分におもしろかったですし、息子も楽しんでいます。

個人的に好きなところ、好きじゃないところをあげてみる

まずは、冒険のきっかけとなる歌。この作品のレビューを見ると結構「サービサビ~」と書いている人がいます。これは、乳母がアズールとアスマールに歌ってあげた歌なのですが、耳に残りなぜだか歌いたくなるのです。私と息子も例外ではありませんでした。

ぼかいか
ぼかいか

サービサビ~の後は覚えられない笑。

日本語吹き替え版ではクラプー役を香川照之さんが演じています。クラプーはこの映画ではやや癖のある役どころなのでぴったり配役だと思います。ドラマ半沢直樹で話題になるずっと前のお仕事ですが、やはり芸達者だなと思います。

好きじゃないところは、キャラクターの顔がテレビゲームみたいだったところ。最初は、「美しい映像の映画」というふれこみと違うではないか!と思って見始めたのものの、すぐに物語に引き込まれ気にならなくなりましたが。

とはいえ、映像はかなり美しいです。そして最後のエンドロールまで楽しめます。黒地に白い文字のシンプルなエンドロールが流れるのですが、ちょこちょこと挿絵が入っています。この挿絵 がとてもかわいいでのす。この絵見たさに最後まで見ることになります。また、流れる音楽も良いです。

監督はミッシェル・オスロ監督ですよ!

ミッシェル・オスロ監督の作品といえば

  • フランスで大ヒット「キリクと魔女」
  • 影絵3作品「プリンス&プリンセス」「夜のとばりの物語」 「夜のとばりの物語ー冷めない夢」
  • 最新作「ディリリとパリの時間旅行」

などがあります。私はディリリとパリの時間旅行以外は全部見ました。

キリクと魔女はモロッコで売ってたものを見たのでフランス語だったのですが私はフランス語入門レベル以下なので聞き取れません。いちいち字幕を出して辞書を引きながらみました。とても時間がかかったのですが、物語に引き込まれ最後までみれました。

この作品はアフリカが舞台なのですが、オスロ監督はアフリカに住んでいたことがあり、作品にも影響を及ぼしているということです。

影絵3作品は、それぞれ短編が数話入っいて、男の子と女の子が物語の主人公になって演劇をするという設定になっています。映像としては夜のとばりの物語、夜のとばりの物語ー冷めない夢が美しく、プリンス&プリンセスはそれより古い作品なので映像のキラキラ感というか、華やかさでは他の2作にも劣ります。しかしストーリーは面白いです。

どの作品も大好きなので私はDVDを買い揃えました。親子で何度も見ているので本当に買って良かったと思っています。

ミッシェル・オスロ監督の作品はどれも見て損なし、はずれなし。おすすめです!

無料で見れる?

この記事を書き始め数日前はU-NEXTかTSUTAYAの動画配信サービスで見れたのですが、今(2021/7/20)確認したら無くなってました・・(泣)。

今の世の中、スピード感が大事と痛感しました。また配信されるのを待ちましょう。

U-NEXTには夜のとばりの物語だけはあったのでこちらは無料お試しに登録すると無料で見れます。

1ヶ月のお試し期間終了の24時間前に登録を解除してしまえば料金は一切かかりません。1ヶ月見放題なので、私だったら見たい作品をピックアップして視聴スケジュールをたててフルに利用したいところですが、日本国外からはだめなんですねぇ・・。

動画配信サービスはいろいろありますがU-NEXTやTSUTAYAは見たい作品が多いです。無料お試しは非常にお得なので一度試してみてはいかがでしょうか。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

タイトルとURLをコピーしました