ベニワレン、ボシャラウィットだけじない。アートなモロッコ絨毯

雑貨・インテリア

絨緞屋さんに行って来ました。写真を撮ったのでモロッコのアートな絨毯をご覧いただきたいと思います。

ベニワレン

ベニワレンというのは絨毯の種類です。ベーシックなベニワレンは白地に黒の線で模様が作られています。

ぼかいか
ぼかいか

この絨毯、二か所線が途切れているところがあるね。
どうしちゃったの?

だんなさん
だんなさん

たぶん、作り手がぼーっとしてた。

ぼかいか
ぼかいか

ぼーっとしてたで済ませて良いことなの笑?

絨緞屋さん
絨緞屋さん

いやいや、そこが面白いと買って行くお客さんが多いんですよ。
予期しない展開から生まれるアートです。

ぼかいか
ぼかいか

これは無難な感じだね。

絨緞屋さん
絨緞屋さん

黒線が多いですから、これ作った人は頑張ったんですよ。
白い部分が多く、黒が少なければ作る人は楽ですから。

ぼかいか
ぼかいか

じゃあこれは、かなり簡単だったのでは?

さては手抜き作品だな・・。

絨緞屋さん
絨緞屋さん

いやいや、3か所模様があるでしょう?
これは、ザナフィという種類の絨毯を作る技術が使われています。

1枚の絨毯で二つの技術が必要ですから手間がかかっているんですよ。

ぼかいか
ぼかいか

それは失礼!
よく見る男前な絨毯ですね!!
ブルックリンスタイルの部屋に似合いそう。

その他。

絨毯屋さん
絨毯屋さん

このタイプの絨毯は日本人はほとんど買いません。

ぼかいか
ぼかいか

確かに、私も欲しいと思わないなー。

絨緞屋さん
絨緞屋さん

でもね、アメリカ人は結構買うんですよね~♪

しかもちょっと高めなんですよ~♪

ぼかいか
ぼかいか

じゃあ、良かったね。

絨毯屋さん
絨毯屋さん

ほかも見て下さい。持ってきます。

個性的なデザインですが、色合いが落ち着いているので、和風な部屋に意外と合うんじゃないかと思います。
奇抜な高級ファッションにありそうな柄じゃないですか?

ぼかいか
ぼかいか

クセがすごい。

色合いがかわいらしいです。

ぼーっとせずに、しっかり考えて作っているなと感じます。

中央の♡柄にきゅんとします。

何かを表したものなのかどうかはわかりません。アートです。

外側はザナフィという絨毯の技術、内側は別の技術が使われています。

赤い目をした女性の横顔・・。ではないと思います。

淡い色合いなので使いやすそうです。

民族の柄という雰囲気。自分の語彙力のなさを思い知らされています・・。
youtuberのセイキンさんが数年前、ハンドスピナーに「民族」と名付けていたのを思い出しました。
民族の柄でいいかもしれません笑

たまたまこの絨毯が黒いだけで、こういう柄でいろいろな色の絨毯があります。


ベルト、もしくは電子回路図。ではありません。アートです。

真ん中あたりに羊毛の毛足の質感が見えます。

こういうところが、かわいいなと感じます。

まとめ

モロッコ絨毯はボシャラウィット、ベニワレンなどが人気ですが、シンプルなものだと私個人としてはちょっと退屈だなと感じるようになりました。

無難なデザインが欲しいなら工業製品がたくさんあります。モロッコ絨毯は手作りならではの独特なデザインが楽しいのです。

絨緞屋さん
絨緞屋さん

日本にもDHLで発送できますよ。

ぼかいか
ぼかいか

送料が高そうですが、興味がある方はぼかいかまでお問い合わせページからご連絡下さい。

タイトルとURLをコピーしました