とにかく煮込む!タジンとクスクス以外のモロッコ料理

食べる

モロッコ料理の代表的なものと言えば、タジンやクスクスがあげられると思います。
でもモロッコ人だって、それ以外のものも食べているんです。
今日は私の義母が作ったある日のお昼ご飯をご紹介します。

とにかくよく煮込んだ豆料理2点

だんなさん
だんなさん

私は子供のころ、貧しくて豆ばかり食べていました。だから今は食べたくないんです。

義母
義母

でも、安くても栄養がいっぱいなのよ!(簡単だしね。イヒヒ)

ぼかいか
ぼかいか

私は歯がなくても食べられるほど柔らかいこの豆料理、大好きだよ。

白インゲン豆の煮込み

写真を撮る前にちょっと食べちゃった。

簡単に説明すると、
①鍋にオリーブオイルでにんにくを炒める
②①にみじん切りにした玉ねぎ(小1個)、皮を剥いて角切りにしたトマト(中1個)とクミン、パプリカ、ブラックペッパー各小さじ1/2を入れて炒める。
③一晩水に浸けて戻した白インゲン豆(1カップ)と水を入れる。水は最初はカップ2ぐらいの水を入れる。後は好みの豆の硬さになるまで煮込む。必要があれば水を追加する。
④我が家では、食べる少し前に塩レモンを追加して軽く煮込んで食べています。

レンズ豆の煮込み

また写真を撮る前にちょっと食べちゃった。

作り方は、白インゲン豆の煮込みとほぼ同じ。
違う点は2つ
・レンズ豆は水で戻さなくてもよい
・煮込み終了10分前ぐらいに2センチ角ぐらいのカボチャをいれて煮込む。

ぼかいか
ぼかいか

モロッコのカボチャは日本で食べられている栗かぼちゃではなく、ハロウィンのかぼちゃみたいなやつだよ。
でんぷん質が全然ない。

カリフラワーの煮込み

夫は素揚げした辛ピーマンと食べます

カリフラワーって日本ではおいしいと思って食べたことがなかったのですが、モロッコで食べて初めてカリフラワーのおいしさを知りました。
とにかく煮込むことによって、カリフラワーのもさもさ感がなくなります。よく煮込んだ大根のような感じです。

これは作ったことがないので、簡単に説明すると、カリフラワーを圧力なべで丸ごと茹でます。
茎の部分も指で簡単につぶせるほどの柔らかさです。

肉、玉ねぎ、にんにく、クミン、パプリカ、こしょう、コリアンダーなどを煮込んで作ったソースをかけて完成!

ぼかいか
ぼかいか

作り方はよくわからないけどよく茹でたカリフラワーはとにかくおいしいということを伝えたいんだよ!

まとめ

日本人の食生活においては、パリパリ感や歯ごたえのあるものが好まれますが、モロッコではとにかく柔らかくなるまで煮込みます。歯ごたえを重視しないことによって、日本では味わえない別の世界がここにあるのです。

広告

タイトルとURLをコピーしました